ブログ

点滴療法研究会ベーシックコース

こんにちは 院長の斎間です
先日点滴療法研究会主催の講習会に行ってきました。
久しぶりのベーシックコースに当院担当医師と参加してきました。
当院医師が、保険診療で症状がなかなかよくならずただただ我慢をしている方に10年前から点滴療法を取り入れてきました。高濃度ビタミンC点滴でがん治療や抗がん剤の副作用の軽減・グルタチオン点滴でパーキンソン病の症状改善・マイヤーズカクテルで喘息発作・片頭痛発作の改善・慢性疲労や線維筋痛症の全身疼痛等の治療をし、その効果をまのあたりにしてきました。全員が良くなるわけではありませんが、治療法を提案するのが私たちの使命と考えています。
今後は、医科と歯科の領域でこうした治療の連携が今後の全身的治療に大きく貢献できるものと思います。
高濃度ビタミンC点滴やオゾン療法は歯科治療でも、医科での治療でも診療の質を変えていくものと考えています。
これらはすべてオーソモレキュラー療法に基づいています。
写真は私と国際オーソモレキュラー学会会長の柳沢厚生先生、当院医科担当医です。
興味のある方やお困りの方ご相談下さい。選択するのはご自身です。

最近の投稿